「ほっ」と。キャンペーン

遠い道のり

今回、ヒースローで乗り継ぎバルセロナへ。
超弾丸なので、ストップオーバーなしで。て、ことはユーロ圏じゃないから、入国審査は必要なし。
プライオリティパスの利を使う為に、ちょっと余裕を持って乗り継ぐことにした。
イングリッシュブレックファストをぜひと友人から言われていたし、シャワーでも浴びて、朝ごはんしめしめ。。。
と思っていた。ラッキーなことにターミナルも同じなので、移動も少ないので楽勝と思って。
でも、事態はあらぬ方向に。。。前回ロンドン旅行のときはヒースローではセキュリティチェックで捕まってしまい、出発4時間前に着いていたのに、結局そこを抜け出せたのは、搭乗時間ぎりぎり。ゲート前キオスクで新聞と水を買えただけ。。。だったので、今回は用意周到に、セキュリティチェックに挑んだつもりでした。
というか、同じターミナルでもあるのねえ。チェックが。
(ヒースローは闇雲に液体が駄目というわけではなく、ジップロックのビニール袋に事前に詰め込んでいれば
OKのようです。)前回は、スーツケースのポケットにあったホテルのボデーローション。あああ、手あれに使おうと、最初に泊ったアパートメントのが残っていたので、もって帰ってしまった貧乏性が裏目に出てしまった。そして、もう、バタバタですっかり忘れていたのだ。うう。旅行中もスーパーで生活中に使う用品以外はほとんど買い物する時間が無く、ロンドンのお土産も全く見ていない。
今回はそんなことの無いように、というかあるはずが無いと思っていた。ターミナル内のトランジットの人が対象のセキュリティチェックのレーンだったので。
ところが、まず、靴を脱げと言われてびっくり。だって、わたしの前のブーツの女性が、脱ごうとしてたら要らないって言っておきながら、パンプス(しかも素足)の私に向かって、脱げって???その後、スーツケースと
バックやら上着やら靴やらは別のコンテナーに固めてX線に通された。そして、なんと、完璧だったはずの
私のバックの入ったコンテナーは再度チェックのラインに流された。。。
まあ、何がいけなかったのか腑に落ちないけど、とにかく靴を返して欲しい。。。だって。。。裸足ですよ。
それが、機内で履いていた靴下はちょうど返されていないバックの中にあるし。
草履なんか用意してくれているのは、日本の空港だけなんでしょうか。
それが、その、再チェックの時間の掛かることかかること。どんどんと、再チェックの荷物が数珠繋ぎ。もう少しおりこうになったら?
その再チェックのところには、モニターがなく、問題のコンテナに入ったものは、全部一度他の空コンテナに開けて、一つ一つ何かをチェックしていく、疑惑のものが見つかるたびに、またもとのレーンに戻りX線をかけて
問題なかったら、今度はそれを除けた方の荷物の塊をもとのX線に再度かけて、両方OKだったら、行ってよし。
再チェックのところにモニターをもうひとつ置くか、その最初のX 線で何が問題かをその場で再チェックの人に伝えるとか。。。なんとか改善は無いのか?
再チェックのウエイティングがかなり有ったので、靴を先に履かせてほしいと伝えたが、「これは順番だから」と
埒が明かない。仕方なく椅子に座って40分は待った。それを同じ境遇の(いや彼は靴は履いていた)人と、
こんなばかげた方法でチェックされて飛行機に乗り遅れたら目も当てられないよね。これ、衛生の問題もあるよね、靴は脱いでも良いけど別の箱を用意するとかあるでしょ。」と、愚痴ってたけど。もうそれくらいしか時間をつぶすすべが無い。私の手からはすべての貴重品も取り上げられているのだから。
見ているとX 線で靴を脱がされてる人なんて、誰も居ないではないか?!
冷え切った足でコンクリートの上を素足で歩くのは嫌なので、本当にみっともないけどTEMPO(強力なティシュ)を足の親指と小指に挟んでた。順番が来たので再チェックのレーンにそれで歩いて戻ると、あんたはこっち来いって、一番遠い使われていないレーンまで荷物を移動させられた。鬼。
もう、辱めを受けてる気分。。。そしてニヤリと「先に靴を返してあげるわ。」って。鬼!鬼!
それ調べる前から、問題ないって分かってる証拠でしょ!
ななんと、引っかかったのは、簡易歯ブラシに付いている小指の関節ほどの歯磨きのチューブだった。。。。これを突き止めるためにかばんの中にあったすべてのポーチの中身を全部箱に空けられて。。。あ。私の不覚ではあるけれど。。やりきれない。。。。今回も貧乏性がアダとなったのでした。捨てれば良かった。
結局、まあ結果的には、プライオリティパス様様。即効ラウンジでシャワーを借りて足を温め、きれいに洗って
すっきり。イングリッシュブレックファストにはありつけなかったけど、ま、香港ではいつでも食べれるからいいか。。。
しかし、バルセロナに着くまでに一仕事も二仕事もした感アリ。遠い道のりです。

 
 
[PR]

# by miaomi | 2014-12-08 20:46 | Barcelona  

極楽のよな街

b0113518_22542950.jpg
今回2度目のバルセロナ。
おいしいパエリアを食べるために2週間米抜きして挑みました。まあ、なんかすんなり溶け込んでしまった街に。
それが今回の印象。私もちっとは大人になったのかなあ。
もう、出会う皆さんオープンマインドなスペイン人に感謝です。
今回の目的。ユーロに在住中の旧友と旅行を楽しむ。安くて美味しくて安全なワインで飲んだくれる。イベリコハム。パエリア。シーフード。お肉。タパスを堪能。ガウディ、モンタネールの建造物。フラメンコ鑑賞。バルサ。シティバスで街巡り。靴。エトセトラ。突如友人がガイドをしてくれるスペイン男性を紹介してくれるとか?と、盛りだくさんの4日間でした。
多分、私に全く違和感が生まれなかったのは、普段から結構身に付けてるものの50%位はスペイン製品だからかも。と、後から妙に納得。まあZARAを含めての話ですが。ひょっとしたら自分の体型というか肉の付き具合?も日本や香港より近い気がしてます。まあ、問題は顔は向こうは彫りが深く美しく私は平ら族のザアジア人ですけど。親日家多し。建造物三昧。飲んだくれて、食い道楽。ヒヤー極楽でした!!
すぐにでもまた行きたい!
[PR]

# by miaomi | 2014-12-04 21:22 | Barcelona  

遂にあそこで飲茶

何年もやって見たいと思って出来なかったことって有りますよね。誰にでも。
何年も香港に居ていままで出来なかったことのひとつ。
川龍村の端記茶楼へ行くこと。
何でも、早起きしてあんな遠くまで行くのは。。。。まあ根性が無かっただけですが。
今回友人が早朝着の香港エキスプレスで香港入り。
いつも行けない根性無しの二人で、遂にローカルの親父に混じって早朝飲茶出来ました。
残念ながら名物、西洋菜は少し時期が早かったようで、ありつけませんでした。
b0113518_15345064.jpg



[PR]

# by miaomi | 2014-09-23 22:36 | 香港