新年の広州

新年にも広州に行って来ました。
以前も3回体験していますが、新年の広州って、人も車も普段の3分の1くらい。
卸問屋の類の、なんとか世界、とかxx商城とか〇〇中心とかはほとんど閉まっています。
だから、あの広州ならではのごちゃごちゃ人だらけとか、渋滞で車のクラクションがうるさいとか、ごみと埃が散乱しているとか、そういうストレスを感じる光景に出会いません。
だから厳密に言えば、お正月は、広州であって広州でない街になってしまいます。

友人は「広州は好きじゃないけど、新年の広州なら受け入れられる」なんて言ってます。
でも、最近はレストランとかサービス業は新年でも普通に開いていて、今回も食べ物にも困ることはありませんでした。

日本から初めて観光に来られるなら、まずは旧正月に訪れてみるというのも手かも知れません。でもそれはよそ行きの姿で、本当の広州ではないのですけどね。


今回は、久しぶりに友人に会い、再会を喜び合いました。
彼女には去年も広州でよく遊んでもらいました。毎週のように広州に遊びに来ていた日々を思い出します。不思議なのですが、以前親しくしてもらっていた先輩(ある時期ヨーロッパに縁があって頻繁に行っていた時期に良くして頂いていました。)に、彼女はとっても良く似ていて、なんだか、オーバーラップしてしまうことが多いのです。きっと2人が横に並んでいたら、ぜんぜん
似てないんだと思うのですが。単なる思いこみなのかも知れませんが、ちょっと不思議な感覚です。
でも、彼女は広州人なのに、私のほうが道とか詳しいので、一緒にいた友人が、「いったいどっちが広州人なの?」なんて。まあ、彼女10年以上普段は広州にいないので当たり前なんですけどね。
[PR]

by MIAOMI | 2009-02-03 20:22 | 広州好  

<< CATSでCATになった。 新年快楽 >>