ミョンドンでおんなっぷりをあげよう!

2日目、観光客のメッカ、ミョンドンへ。
というか、美のメッカ、ミョンドンへ。
ここに、来なくちゃいけないのは、やっぱり、日ごろ無視して生活している流行に触れることと
現地のおねえちゃんのおんなっぷりを物色する為。

私の住んでいる香港の女性って、あの人たちのいちばんしたくないこと。
それは「媚びる」こと。これが一番かっこ悪いと思ってる。ようするにマイウェイで潔く生きたいってことだと思う。カッコいいのだけど、でも、時に、人に対する思いやりを「媚」だと履き違え、
人にやさしく出来ないのだ。いわいる気配り。これが出来ない。
(反対に男性は気配り君が結構いらっしゃる。)
たぶん気がついていても意地でもしたくない。、女性はさりげなく何かを人にしてあげる...なんていう大和撫子魂は100%理解不可能。
その香港人、肌を美しく保つのにはすごくお金を掛けても、メイクはしない。
洋服も、フェミニンな装いはしない。要するに、おしゃれも、お化粧も人の目を気にしていない
と言うことを反対に常にすごく意識しているのだ。
まあ、最近は、大陸からの女性も増え、ファッションに関してはABC(アメリカ生まれのチャイニーズ)の出戻り香港人が多くなって、彼らが幅を利かせているので状況は違って来てはいる。

しかし、ここ韓国に来て見たら、やっぱりぜんぜん女の子の装いが違う。
おもっきり、人の目を気にしているのだ。そりゃ、整形美容大国とかって言われるくらいなんだから外見を思いっきり気にして生きているのだろう。
外見を意識して生きている女性は、やっぱり美しい。
驚くのは、素足を惜しげなく見せて闊歩している姿...ショートパンツ、ミニ。
香港ではほとんど見かけない、ボディコンシャスなフィットした洋服。
それがまたみんな綺麗な足なのだ。(キャーうらやましい。)
まあ、おばちゃんに誰も期待していないと思うのですが、私もあんなに足が長かったら
ちょっと人に見せて街を歩きたいと思うかも。

ミョンドンでは、いちようFOREVER21にも行ってきたし、IKKOさん一押しの化粧品も買ったし、若返って(つもり)来ました。
[PR]

by MIAOMI | 2009-06-08 14:35 | ソウル・グッド!  

<< ミラクル?それともおおボケ?‏ インサドン(仁寺洞)巡り >>