パンか餅か

実は香港というところは、イギリス植民地の影響か、パンがとてつもなくまずい!
同じ植民地のマカオ。こちらは同じ広東人が住んでいるのにも関わらずポルトガルの影響で、パンが美味しいのだから。
そういう理由でのマカオ通い。。。
パンとコーヒーのために通っているといっても大げさではないくらい。。。香港に居る日本人にとっては、其の点でも、オアシスと言えるかもしれない。
最近の香港のパン事情。日系のパン屋さんが頑張っていて、日本で食べる食パン、菓子パンが、ずいぶん手軽に買える様になった。
今までは日系のスーパーや百貨店などに足を運ばないと買えなかったり、郊外の大型ショッピングセンターなどに行かないと買えなかったり。高価ではあるがホテルのパンを買いに行くか。。。
それを思うと、ヤマザキやA-1、ドンクさん、パナッシュさんが頑張ってくれて、街中でも手軽に買えるようになってきた。
日本のパン文化万歳だ。そして、ローカルのパンに較べて割高にもかかわらず、香港人の懐も豊かになってるのか、口が肥えたのか、日系パン屋さんは大繁盛。

そんななか、何を血迷ったのか、わたくし夏に日本に帰る前に(今回はほとんど買い物する暇がないから。。。)と、AMAZONさんで、ぽちっとしてしまったのが、パン焼き機。
すごく安くなっていたのと、フランスパンが焼けるとのうたい文句に、つい。
実家に届いていたドデカく重い箱を見て思わず、見てない振りして、そっと倉庫に入れようとしていたところ「そんな邪魔になるものここに置いていかないように!」と、娘の行動を見透かされて釘を刺されたので、仕方なく、腱鞘炎覚悟で、香港にもって帰ってきました。(これ、食パンにすると2斤用のサイズ。)いったいどこにこんなでかい物置くスペースがあるんだ。。。と、なかば使い物になるとは思えない状態で。

思ったとおり、なかなか場所の確保、フランスパン用の粉、電源(変圧器)の確保、レシピの調達などに、時間がかかり、なんとか3ヶ月ほどまえからやっと、始動。パンって作るのにこんなに時間が掛かるんだとは知りませんでした。
皆さん、時間おありなんですね。。。(そうかあ。食パンなら、タイマーを使えば作れちゃうのか。。。)
今のところフランスパンにこだわって、作成いえいえ試作中ですが、なかなかあのふわ(中)、ぱりぱり(外)
ってのは、まだまだ遠いようでゴールは見えておりません。
もう諦めて、タイマー機能で、食パン作っちゃおうか。でも、ぴーっつと、最後のブザーが鳴り、蓋を明ける瞬間は、つい期待してしまうのです「お!これはひょっとして成功?」見かけはいっちょまえそう思わせるできばえなんです。でもね、いつかは、「これ私の手作りよ」と、小脇に抱えて(イメージ)皆さんにお配りできればと、粉まみれになりながら、遠くを眺めております。いまは、試作中ですから。

餅のはなしはまた今度。
[PR]

by miaomi | 2011-01-10 20:22 | 食べ物  

<< マカオで紅白 新年明けましておめでとう御座います。 >>