ラグジュアリーなマカオの部屋

先月は、またしてもマカオに行ってきました。
仕事がらみだったので、ちょっと贅沢な旅となりました。

今回はカジノがメイン。食事は、お昼は何度か通っている、日本人の間でも有名な「アントニオ」に。
私以外は男性だったので、ボリューミーにいろいろ頼んでお腹いっぱいに。
その後またカジノの場所を幾つか転々とし、まだお腹も空いていないうちに夜は日本人の板前さんの居る天ぷらやさんへ。

その後各自解散となりましたが。。。
さすがに。。。ホテルに帰ってからは、お腹がいっぱい過ぎて、下にあるカジノにも行くのすら面倒になり
部屋で、グータラして過ごしてしまいました。

ホテルなんですが、大型ホテルで大陸の方が多すぎて。。。なんだかホテル内のゴージャスさ半減で、
あんまり評判は良くありません。。。私も、出来たばかりの頃は何度か泊まった事がありますが、
マカオでもホテルに泊まること自体少なくなりましたし。。。ほんとにひさびさのヴェネチアンでした。ホントはお客さまのご要望もあり、天ぷらやさんのあるホテルを頼んでいたのですが駄目で、他の候補もことごとく満室だということでヴェネチアンに。

(聞くところによると、カジノのあるホテルの部屋って、組織で借り上げていたりするらしく、なかなか正当な手順で予約を取るのは難しいという、大人の事情があるんだそうです。)

私はヴェネチアンのサービスとか、騒々しさとか、チェックインの際の行列とか、あんまり良いとは思えないんですが、そんなことが帳消しになるくらい、ここのお部屋は大好きなんです。

ハイテクな仕掛けがあったり、モダンなつくりとか、ハイセンスなホテルが次々と出来ていますが、私も若くないのか、そういうところよりも、このヴェネチアンの時代遅れ感のあるくらい重厚な部屋が妙に落ち着きます。
(ここは、ラスベガスの同ホテルと部屋のつくりもまったく同じにしてあるのだそうですよ。)

ヴェネチアンというくらいなので、イタリアシックな、でも、中国調の調度品が壁に掛かっていたりで、部屋は
リビングエリアと、ベッドエリアで段差がつけてありますが、壁で仕切られているわけでもないので、どこに居ても全体が見渡せすっきりとしており、全室スイートとうたってるだけ有って、広いです。それぞれにTVもあり、もし、2人で泊まってもさびしくもなく、それでいて、煩わしくない距離が保てる。。。理想の空間です。
でも、今回のように一人でとびきり贅沢な空間独り占めも、幸せ。

バスルームも広く、しかもトイレはバスルームの奥に個室になって、便器が湯船に浸かっていてもは見えません。これって、ポイント高いです。
こんな家に住みたいなー。と、ラグジュアリーな妄想に浸りながら。。。現実逃避しておりました。
こんなところに1週間ほど滞在してみたいです。旅行に行ったつもりで3日間くらいだったら夢ではないかもね。うしし。。。

ま、朝の朝食も、お部屋でゆっくりしたいなと思い。。。でも今回初挑戦の日本食のルームサービスの朝ごはんメニューはびっくりするほどまずかったです。
朝食は隣接のフォーシーズンに渡って頂くのも良いかもしれません。

チェックアウトの時間までも、ダラダラと、部屋で過ごしました。あまりに心地よすぎて、こんな部屋に万が一住んでしまったら、引きこもりになっちゃうかもしれませんけどね。
[PR]

by miaomi | 2011-02-16 22:26 | マカオ  

<< 姉と。 ハリウッドの いい男!発見。 >>