お茶天国

広州は、お茶を飲みに行く以外に、お茶好きとしては、茶葉を買いたいという欲求も満たしてくれる魅力あふれるところ。
広州市の真中を流れる珠江という川を隔てて、北側に位置する芳村と言う街。
ここに、巨大茶葉市場がある。
なーんて、紹介しておきながら、私はここを茶葉天国地獄と呼ぶ。
恐いよーっ。って、「いままで飲めもしないのに茶葉をいっぱい買って無駄にしてきた罰じゃーっ」と、閻魔さまにジャッジされて連れてこられたような「ごめんなさい!」とひれ伏してしまう、
そんな気分。眩暈がするほどお茶屋が並んでいる。

お茶だけではなくて広州には、中国製造のものあらゆるものの専門卸市場がいたるとこにあるのだが、ちょっと冷やかしで見てみよう、なんて思って立ち寄るとえらい目に遭う。買うものをあらかじめ決めて目当ての店のある場所をある程度把握していないと、その一角の店の多さ、品物の多さ、に圧倒され酔ってしまう。商売でも始めようと言うなら別だが、一般の1点買はまず相手にされにくい、されたとしてもそんなに外で買うよりも格段安いと喜べるほど得な訳ではないし、
値段交渉がまた煩わしい、品が良いか悪いかある程度専門の知識がない限り、1度で良い物を見つけるのは難しいと思う。お気に入りを探し当てるのも、きっとその一角を1日がかりで見るか根気良く、通い詰めるのを覚悟した方が良い。

ところで、お茶に限ってもそうだった。私は2、3度来て匙を投げてしまった。
まず、一回目に来たときは、ひえーっ。こんなにお茶屋だらけの光景って圧巻!たまりません!と思ったが、お茶は試飲して買うものだし、そう何軒も廻れるわけではない。そして、少量
しか買わないとやっぱり気まずい…。それに、茶葉のよしあし、価格ってやっぱり数件を比べないと判らないし、かといって、じゃあさっきの店に戻ろう…なんて思っても後の祭り。
もう、よく似た店がいっぱいありすぎて、どの道をやってきたのか覚えていない…。
その中に、いくつかビルになった建物がありそこだけでも廻りきれない。今日はこのビルだけ見よう。とか、欲張らずに廻った方が良いかもしれない。ただ、その目的のビルにたどり着けるかが問題。

まったくお茶に興味がなければ、うーん、今日は一軒のみ可愛いお姉ちゃんがやっている店で、お茶飲ませてもらお。で、済むかも知れない。しかしそれなら街にある普通のお茶屋でことが足りる。わざわざこの交通の不便なところに来なくても。

そして、なまじお茶に興味ある人間が行くと、途方もない店の数に「助けて―っ。」となるはず。

注意したいのが、捜すのも大変なトイレ(お茶を試すなら、大量に水分を取ってしまうから)どうしてもガマンできなくなってからトイレはどこ?て…中国ではご法度です。まあ茶葉を購入すればトイレを貸してくれるお店もありますが。
それにお茶って飲みすぎると、眩暈が起き、ふらふらになりますから気を付けて。緑茶や焙煎の薄い緑色の鉄観音は特に血糖値を下げます。ここ芳村を制覇しようと思ってるあなた、なにか甘いものか安全なおつまみをご持参ください。なんせ、ここはお茶地獄なので。レストランやストアの1軒も見当たりません。ちょっと食事を合間になんて、そんな甘いことは、閻魔さまが許してくれませんから。
[PR]

by miaomi | 2008-10-20 00:16 | 広州好  

<< 2つの新米 お茶天国 >>