一人旅 TAIPEI 1日目の夜に。1995

そのセブンイレブンで目にした雑誌の表紙には、あの数日前に香港でコンサートをしていた
フィルコリンズおじさんが。ということは、台北でもコンサート有りってこと?おー。この滞在中に
日にちが合えば…ウシッシ…。と、ページをめくって日にちをみると、「えー今日やん!今晩やん!」何を血迷ったか…わたしは何も考えずに、とにかくタクシーを拾った…。
そしてその雑誌にあった場所、「中山足球場」(だったか?)と、レシートの裏に書いて、「ここに行って!」と、運転手に見せた。
まったく頭には地図が浮ばないが、まあ何とか成るだろう。そして、競技場のようなところに着くと
ほんとにコンサートがなんだか始まりそう!な雰囲気が漂っている。

すぐダフ屋らしきおやじが近づいてきた。おやじは、こっちに来いみたいなこと言って,一緒に付いて行くと、なんだか訳判らないが駐車場の人気のないところに連れてこられてしまった。
もー。自分のしてることも、回りがだんだん暗くなっていくのも恐くなり…チケットをおやじから買うのは諦めることにした。そして、スタッフらしき人に、チケットはどこで買うのか?を聞いた。そうそう、これでチケットが売り切れだったら諦めれば良いんだ。これが正しい!

そのスタッフは、あとで教えたげるから待っててみたいなことを言っておきながら、
なんか忙しそうで、ほったらかしにされる。すると、中から音楽が始まって、歓声も
聴こえてきた。あら、始まっちゃったじゃない。まあ、無謀な自分も悪いが…どうすりゃ良いのか。途方にくれてると、さっきのスタッフが戻って来てくれ、人差し指を口に当て、微笑んだ。

なんとそのまま、2階のスタンド席に案内してくれたのだ。(タダ見!もう時効だよねー。)
野外ならではの、アットホームな感じが良いなー。
曲の途中で飛行機が上を飛んで、中断して歌うのを待ったり(またそれを皆楽しんでいる!)なんとのどかなコンサート、コリンズおじさんもとってもリラックスして楽しんでいるのがわかる。
隣に座ってる若者も、話し掛けてくれたり、ほんとに音楽っていいなー。
すごいいい空間をこのよそ者が共有させてもらっている!それもタダで。ほんとありがとー。
有難う、コリンズ!有難う台北!大感激の夜でした。

でも、コンサート終了後興奮さめやらずのはずが、突如不安が襲ってきた。わたしどうやってホテルに帰るわけ?ここはどこ?まったくもって素朴な疑問だ。
なんせ何の下調べもなくタクシーに乗ってここまできたのだから。

でもすぐに、「そう、みんなの後を歩いていけば、最寄の交通機関にたどり着くさ!
わたしって頭いいわ!」なんてに閃いたつもりでいた。

会場から出て来たみんなの人波の後をてくてく付いて行ったのだが。
皆が向かった先は…
[PR]

by MIAOMI | 2008-12-19 21:02 | Taipei  

<< 一人旅 TAIPEI 一日目の... 一人旅TAIPEI 1995年 >>